27 September

工事進んでいます~ お風呂・洗面・トイレ

今月20日から始まった お風呂・洗面・トイレの工事 着々と進んでおります。

 

 

解体直後のトイレからはちょっと臭いが漏れたので

一晩 トイレのドアを養生テープで塞ぎました。(笑

前回も紹介しましたが 住みながらリフォーム の

お風呂・洗面・トイレスケジュールはこちら

 

今日(27日)でユニットバス工事が完了し 予定では今日から自宅のお風呂が使えます♪

じゃ今までお風呂どうしてた?って

 

近所の温泉に通いました。

 

稲荷温泉

http://瑞浪.com/inarionsen/

自宅から車で10分ぐらいのところにあります。

 

正直すっごいレトロな温泉です。

湯は毎日入れ替えるということでキレイです。

また、ツルツルもします。

でも、脱衣場とそこに辿り着くまで・・

レトロを言う表現でご勘弁を!

水曜日休み 料金 500円 ジャンプーする方は 600円

 

次は

花白温泉

http://www.hanashiro.net/

 

 

こちらも 自宅から10分ぐらいのところにあります。

明智鉄道・花白温泉駅のすぐそばにある温泉です。

食事をすることも出来て 週末はお客さんがたくさんみえました。

月曜日休み 料金は 540円

 

 

どちらも 小さな温泉です。

3.4組のお客さんが入ったらいっぱいかな?

幸い 私たちが利用したときは 空いていて 貸切に近く

のんびり出来ました。

 

こんなことでもないと 家族で温泉に行くことも無いな~っと思うと

これも良い思い出です!

 

 

 

 

 

 

 

 

26 September

照明&内装カラースキームプランの打ち合わせ

以前からナカノさんに ステキにしてくださいね ってお願いしておりましが、

ナカノさん曰く

「ボクは あださんのいう ”ステキ”にできる自信がないので、プロの方にお願いします~~」

とのことで

インテリアコーディネーターのキタミさんにお願いすることになりました。

 

今日は ワタナベさん ナカノさん そして キタミさんも同行してくださり打ち合わせ

素敵なイメージパース入りの提案を持ってきて下さいました。

 

 

 

今日の打ち合わせは 照明&内装カラースキームプラン

内装カラースキームプランでは

壁の色、素材 戸のデザインや色 カーテン、暖炉の耐熱壁 タイルの色 など

キタミさんがサンプルと一緒に説明してくださり

ナカノさん、ワタナベさん 一緒に確認し

その中から私が選んで行くというもの。

 

次は照明

 

梁にダクトレールをつけ複数のスポットライトを設置

システムキッチンのワークトップの色にあわせ 黒

天井の一番高い位置に ファンを設置

やはりプロの方は違いますね

とても素敵にコーディネートしてくださいました。

 

工事中の現場を見ても イマイチ完成後イメージが沸かないのですが

こうやって イメージパースを描いて頂けると ワクワク感 MAX!

楽しいです。

 

初めてインテリアコーディネーターさんのお仕事を拝見しましたが

素敵なお仕事だなぁ~っと思いました。

また、私と同じくフリーランスでお仕事をしてみえるとのこと

家庭との両立、働く女性としてとても素敵で自分にも刺激を頂きました。

キタミさん 貴重なお時間をお借りして

遠いところまで同行してくださりありがとうございました。

 

 

24 September

薪ストーブのスペース &耐熱壁

我が家のリフォームポイント 薪ストーブ設置

設置箇所は 窓横コーナースペースと決まりました

提案ではこんな感じ

耐熱レンガが窓にはみ出てしまうのがとても気になる。

カーテンはどうなるのだろう?

 

できれば 耐熱壁はコーナーに収めたい。

 

薪ストーブ設置についてスペースなどに何か決まりがあるのだろうか?

 

ネットでいろいろ設置例の画像を見るが設置の仕方はいろいろ 何か決まりがあるようには思えない

 

専門家に聞こう! ストーブやさんと一緒に打ち合わせ

 

 

今回の打ち合わせで壁に耐熱材を入れレンガでは無く、タイルを使う方法を提案して頂きました。

 

コーナーに耐熱壁を収めます。

 

イメージはこんな感じ。▼

 

 

しかし 実際に火をつけるとなるとやはり窓側に耐熱壁が必要とのこと

そこで使うのが

一枚置くだけで壁を保護ストーブの背面に置いて、熱から壁を守る遮熱板

 

SBB-915 ウォールプロテクター 遮熱板 W915×H980mm 鋼板 1.6mm

 

これをストーブを使う時だけ 窓際に置くことにしました。

これで ストーブスペースがスッキリできました。

 

 

また、とても嬉しいことに設置予定のドブレがこの秋新しくなりました。

コンセプト、デザインは継承しつつ操作性、性能を一新したそうです。

今回はこの新しいドブレを設置してくださるとのことです。

 

 

夢の薪ストーブ ワクワク感いっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21 September

いよいよ工事開始!

本設計も済み いよいよ工事がはじまります。

 

工事が始まると ナカノさんから ワタナベさんに

担当が 」(・。・;)「/」(・。・)」バトンタッチ!

 

ワタナベさんからは

工事期間の確認 や スケジュール など丁寧に説明して頂けました。

 

 

さて、初日工事 は 解体!

我が家の場合 外観は触らないので 部屋の中だけを解体

解体屋、電気設備、水道、 すべての業者さんがみえ

それぞれがそれぞれの持ち場で

住みながらリフォームに支障が出ないよう作業を進めてくださいました。

 

 

 

 

2日間かけ

 

 

柱だけの状態に・・・

 

すっきりしました!

 

20 September

住みながらリフォーム

ちょっと更新を休んでしまいました。

毎日続けるってほんと大変なことだと改めて感じます。

ナカノブログは毎日更新!  頭が下がります。

 

さて、今日は住みながらのリフォームについて

今回我が家は 今使っている台所、トイレ、洗面、お風呂をリフォームします。

 

水まわりをリフォームするにあたり 一番気になるのは

 

代わりをどうするかってコトですよね

 

仮住まいを借りたり、仮設を作ったりと方法はいろいろです。

 

我が家の場合は、自宅横に ちょっとした流しが使える部屋があり

台所はそこでOK!

 

トイレと洗面は 1階と2階ありますので 1階が使えない間は 2階で済ます。

 

問題はお風呂ですね。

 

今回の工事では 先にリビングと和室の方を進め 途中で トイレ、バス、洗面っと

不便な期間を少しでも最短でと考えて頂けました。

 

よって 約2ヶ月かかるリフォーム工事のうち トイレ、バス、洗面工事期間は

10日間ぐらいで済まして頂けるとのこと

また、お風呂については 7日間ほどで済ましていただけるとのことです。

 

とても助かります~

 

#お風呂のリフォーム #住みながらリフォーム #工事期間 #仮設住宅 #トイレのリフォーム #洗面のリフォーム

 

17 September

リフォームの契約っていつからお金発生するの?

いったいいつからお金がかかるんだろう・・

今までの提案や見積もり期間

あまりたくさんの方が動いてくださっているので

不安になり ナカノさんに聞いてみました。

 

私:今までって無料なの?お金かかってるんですか?

ナカノさん:いや今までは無料です これから本設計に入るところから料金が発生します。

私:ってことは ここで、お断りしてしまってもいいの? ( ̄ー ̄)ニヤリッ

ナカノさん:苦笑い

 

打ち合わせ費用 、交通費、見積もり作成、プラン作成、

すでにいろいろな方々が動き、費用がかかっていると思うんですが

 

ケイエスケイさんでは

今までお話したプランと見積書提出まで無料で行って頂けるそうです。

 

で、ここまで無料でやって頂けるのはとても嬉しいことですが

他の工務店さんや リフォーム業者さんもそうだとは言えません。

 

また、契約するっていうて たくさんの相見積もりを取りトラブルの原因になるコトも多いそうで

 

以下は、住宅リフォーム紛争処理支援センターのHPに出てくる見積もりについての注意事項です。

 

「契約を前提とした、リフォームの設計図や工事費内訳書の作成のためには、現場調査やそのまとめと検討、建築や設備の設計、機器や建材の選定、詳細な積算など費用がかかります。これらの詳細な設計や積算作業を、本来事業者が無償で行えるはずはありません。

複数の業者から見積りを取ると図面や見積書などがでてきますが、当然これらの作業には実際には人件費等の費用が発生しています。通常営業の範囲を逸脱すると、依頼者に対して費用の請求等が発生してかえってトラブルになることがあります。

たとえば、契約をするからと口頭で約束し、上記の詳細な作業を行わせ、積算までさせた上で、やはり契約はしないなどと言うと、依頼者側に契約締結上の過失があると見なされ、契約をしていなくても損害賠償の責を負う場合があります。

なかには、相見積りの段階でも、契約をとれないとわかると見積書作成料などの費用を請求されるケースもあるので注意が必要です」

 

 

「見積もり無料」をうたう会社は多いですが、だからと言って複数の業者から、何度も何度もプランを修正させるのは気を付けたほうがいいでしょう。

まずは、「どこまでが無料ですか?」と確認してみましょう。

 

 


ページトップへ