岐阜市須賀 株式会社ケイエスケイ スカイホーム事業部は、
ちょっと『いい家』つくっています。

家づくりのプロが提案する、快適へのこだわり。

高気密住宅

気密性に関して特にこだわりを持っています。
ぜひ様々な事をご質問・ご相談ください。

高気密≒省エネ

気密性の高い家は、四季を通して快適な家になります。 夏▶蒸し暑き空気を部屋の中に入れない。冬▶暖かい空気を屋根から外に漏らさず、床下から冷たい空気を入れない。 最小限の冷暖房で温度管理≒電気代が抑えられる家です。

湿度を安定させる

隙間の少ない家は、外気の影響をほとんど受けることがありません。夏▶外から湿度含んだ空気が入る、冬▶外気温と室内気温の差で窓ガラスが結露することは、ほとんどありません。

省エネ住宅のすすめ

エネルギーをつくる

太陽光発電機などでエネルギーを創り、使用する分のエネルギーを自給自足することです。自然に優しい発電は、毎月の電気代を抑えお財布にも優しいシステムです。

エネルギーを見る(HEMS)

電気使用量 ( 発 電 量 ) をモニターやスマホ で「 見 え る 化 」し 、家電機器を「自動制御」して無駄なく、賢くエネルギーを使います。

エネルギー効率のいい家(ZEH)

自分の使う分のエネルギーを、自分でつくる家が現在のスタンダードになりつつあります。
ZEHについての詳細は次のページをご覧ください。

長期優良住宅のすすめ

※戸建ての住宅75㎡以上(階段部を除き、少なくとも1階の床面積が40㎡以上)

丁寧にいい家をつくり、永く大切に使う

これは家の資産価値にも関わる、ライフサイクルコストの問題でもあります。耐震性・省エネ性・居住環境・管理維持の容易性など「長期優良住宅」の条件を満たすことで、何世代にもわたって長く住み続けられる、資産としての価値を維持できるということです。 長く住み続けられる家は、親の住宅ローンが終わる頃にまた子どもが新たな住宅ローンを組む…という「ローンの無限ループ」から脱却することができます。

税制面で優遇が受けられる

長期優良住宅の認定を受けることで、住宅ローンの金利優遇、税金面の優遇が得られるなどの、金銭的なメリットが大きいのも魅力です。

エネルギーを上手に使う設備

ZEH(ゼッチ)とはZERO ENERGY HOUSEの頭文字をとったものです。文字通り、エネルギー消費がゼロの住宅ということなのですが、居住している以上は最低限のエネル ギー消費が必要です。ZEHの基本的な考え方は「断熱性と省エネで消費するエネルギーを減らすこと」「消費したエネルギーと同じだけ、またはそれより多くのエネルギーを創ること」この2点によって成り立っています。

※年間一次エネルギー消費量=冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出

断熱

断熱

断熱性能が高く、エネルギーロスが少ない住宅。(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

省エネ

省エネ

消費電力を極力減らすためにHEMSや省エネ性の高い機器・照明等を導入する。

創エネ

創エネ

家で消費する電力よりも多くのエネルギーを太陽光パネルでしっかり発電。

畜エネ

畜エネ

創エネした電力を貯めて発電時間以外にも使えるよう蓄電池の利用も便利です。

ZHEのメリット

ランニングコストを抑える。

自家発電自家消費の「電力の自給自足」生活ができ、余った電気を売ってその他の費用に回せるので、生活費を大幅に下げることができます。 その他にも、「暑いけど扇風機で我慢」「冬は重ね着で暖房はいらない」といった節約の為の我慢の必要性がなくなります。

健康に暮らせる。

高断熱の仕様により、夏涼しく冬暖かいので部屋ごとの温度差が少なくなり、ヒートショックの予防になります。

資産価値が残りやすい。

今までは土地には資産価値は残りますが、建物は数年で資産価値が大幅に下がってしまう傾向でした。 2016年に5段階のBELS(ベルズ)がつくられ、ZEH基準を満たすと評価が上がり誰もがすぐに評価を確認できるようになりました。2009年開始の長期優良住宅と同様た、建物に対しても資産価値が残りやすい環境が作られました。

ZEHのデメリット

ZEHにもデメリットがあります。一番のデメリットは初期購入費用イニシャルコストが高くなることです。断熱性能を高めたり、省エネに優れた設備や創エネ設備を導入するには、普通の家を建てるよりも金額が高くついてしまいます。