家づくり・建てた後の「不安」Fun!Fan!にしよう 家づくり・建てた後の「不安」Fun!Fan!にしよう
30 August

おたからさがし

お家完成までの間、ろこちゃんと家具屋さんや雑貨屋さんへ

いろいろと行っています。

 

2人とも「古く見えるもの」「古いもの」が好き。

 

ろこちゃんが「いいね、ほしいね」と思うものは

だいたいわたしも「いいね、ほしいね」と思っているので

買い物の時はそんなにバトルにならず、すんなり決まります。

 

バトルになりやすいのは「いいね、欲しいね」と思うけど

値段の折り合いがつかなかった時

ろこちゃんは「いいねほしいね」の時に

私が「あ、これたぶん家にあるな。」になった時。

 

私の実家が昔、家具屋だったからと

父が古いものを収集する癖があるからです。

 

私たちとしては1920年、50年、70年代がだいたいのツボです。

20年代のものはさすがに少ないですが

50年~80年代くらいのものは豊富にあるんです。

 

箱に入ったまま一度も開けてないデッドストック家具、

パナソニックのデスクライト、スペーシーなセイコーの掛け時計

ビクター犬の置物、大量のガラス瓶

玉音放送を聞いたであろうラジオ2台。数字がかわいい。しかしでかい。もちろんもう使えない。

ホーロー看板、店内販促用手書きサイン、ものすごく重たい扇風機

ボンボン時計、ラタンの家具、

高度経済成長期に流行った食器棚、

昭和のタバコ屋かパン屋のショーケース

昭和30年代の映画には必ず登場する大型の本棚。

「暮らしの手帖」創刊号から何年ぶんも。最近また最注目の暮らしの手帖です。

 

「いいなあ」と思うけど大きすぎて入らないものや

あっても役にたたなさそうなものを除外していきます。

 

おたからとゴミは紙一重です。ほんとうに。

 

気に入ったものを出してきれいに掃除して、一部を新居に入れることにします。

ばーちゃんの喫茶店からアデリア60のコークグラス5つ。

 

復刻ではなく60年代から60年以上、使い続けているものも飾ろうと思います。

 

懐かしくて新しい、新しいけど懐かしい。

そんな家が私たちにとって居心地がいいのかな。

 

 

更新カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

人気記事

家づくりに関することなら、なんでもお気軽にご相談ください。資料のご請求・ご質問やモデルハウス見学もこちらよりどうぞ。

© KSK. All Rights Reserved


PageTop