岐阜市須賀 株式会社ケイエスケイ スカイホーム事業部は、
ちょっと『いい家』つくっています。

11 September

薪ストーブを選ぶ

薪ストーブについて・・・

私の夢の1つ薪ストーブ。

暖が取れるのはもちろん、料理にも使いたいっと言うのが私の希望

で、ナカノさんに 希望する薪ストーブとしてお願いしたのが

バーモンドキャスティング社のアンコール

 

いつもお世話になっている 鍼灸院さんに設置してあるのをみて、先生にお話を聞いていいなぁ~~っと思っていました。

今回のリフォームでは 煙突も含め薪ストーブの位置がとても重要となりますので

まずは専門の方に見ていただくということで

恵那市東野にある 株式会社ログラック http://logluck.net/ の方に 自宅に来て頂きました。

設置箇所は 予算的に増築は無理 っと言うことで リビングの角に設置すると決めた。

担当の伊藤さんは バーモンドキャスティング社アンコール の 型紙と メトス社の ドブレ の型紙を持参して

設置スペースや 薪ストーブの大きさなどを丁寧に説明してくださいました。

 

 

私の欲しかった アンコールは両サイドにウォーミングシェルフを設置するのが魅力

見た目はいいのですが スペースを取る!

うちの設置スペースでは場所を取り過ぎてしまう。。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

後は燃焼方式

ドブレが木とガスを同じ炉で燃やすのに対して、アンコールは木とガスを燃やす場所が違います。

 

クリーンバーン方式のドブレ

ドブレはデザインもそうですが、青い炎が見えるというので、人気のある薪ストーブです。

クリーンバーンパイプ等を採用。低い温度の木炭ガスにパイプ等によって暖められた高温の空気を吹きかけることで二次燃焼させるタイプ

利点

  • メンテナンスが簡単でメンテナンス費用も安く済む
  • 比較的どんな木でも燃やせる(よく乾いていることが大前提)
  • 操作が非常に簡単である

欠点

  • 触媒方式に比べ燃費が悪いのでランニングコストが高い
  • 上板が開かないタイプが多い(煮込み料理などは十分できます)

 

触媒方式のアンコール

キャタリックコンバスター(=セラミックに白金を蒸着させたもの)を採用。二次燃焼室の中で、白金と木炭ガスを化学反応させ、二次燃焼させるタイプ

アンコールの構造はドブレのそれと比較して、複雑です。

よってメンテナンスはアンコールの方が大変 ですが

バーモントキャスティング社のカタログでは、クリーンバーン方式よりも25%も薪を節約できると記されています。

 

利点

  • 燃費が良いのでランニングコストが安く済む
  • クリーンな煙を排出するので住宅地に最適
  • 上板が開くタイプだと様々なお料理ができる

欠点

  • 触媒交換(三年~五年に一度)やメンテナンスが必要
  • ダンパーの操作が必要
  • 針葉樹を焚くと触媒の交換時期が早まる

っということで

 

燃費を重視するか、メンテナンスの手軽さを重視するか、クリーンな煙を重視するか、お料理が出来る楽しみを重視するか、操作性を重視するか、デザイン性を重視するか、主暖房か副暖房か、お部屋の大きさはどうか?っといろいろ考え 私は

 

メトス社の ドブレ

に決めました!

10 September

問題発覚 天井が抜けない? 吹き抜けにならない?

さぁ~~私の夢をたっぷり伝えましたので

次は どこまで可能か?

現場検証をしていただくことなりました。

まずは屋根裏に入り構造を確認

家中の電気配線、水道の配管などの確認

ここでいきなり問題発覚です!

入母屋の屋根は屋根が重いのはもちろん

もともと見せる ってことを想定して建てたモノでないので

とっても複雑なつくりの屋根裏となっておりました。

 

まず、屋根が重いので、リビング→キッチン→和室までの壁を抜き

3部屋を一部屋にすることは可能か?

この屋根裏を見せて私の言うステキになるか?(笑

薪ストーブの設置箇所、煙突は上手く上に持っていけるか?

を考え ナカノさんから送られてきた 間取りレイアウトがこちら

 

 

私の要望 吹き抜け、アトリエ(ワークスペース)があり、アイランドキッチンで、薪ストーブを設置する を叶え

和室8帖とキッチンとの間の壁は抜かず 暖炉部分の増設、勝手口の変更 っと言うものだった。

こういう叩き台を出して貰えると なんとな~~くのイメージが沸きとっても助かりました。

 

そして下記の要望を出しました。

 

・暖炉部分の増設はいいのですが 費用がかかるようであれば却下

・和室部分の8帖スペースは独立した部屋せず 薪ストーブの暖が届くようにしたい

また、和室スペースを6帖に変更し キッチンスペースを広く取りたい

・そして最後に・・・お決まり文句の

 

ステキな空間にしてください!(笑

 

 

 

 

09 September

私の夢を伝える

リフォームする部屋も決まりました。

ナカノさんとの打ち合わせが始まりました。

 

 

 

現在はこんな空間のリビングキッチンを・・

さて、どんな風にリフォームしたい?

なんでも良いので聞かせてくださいとのことで

 

私の想いを伝えました。

 

●リビング-キッチン-和室

一番に浮かんだのが 小屋裏を吹き抜けにしたい!

梁を見せ 高い天井の広々とした空間にし、

このスペースに 自分のワークスペースと

父がくつろげる掘りごたつのある和室空間も作りたい

電気代をかけず冬の暖を取るために薪ストーブを置く。

キッチンは 週末に集う友人たちと楽しめるアイランド

カップボードは引き戸を閉じたら全て隠れる作り付け希望

 

 

●トイレ・バスルーム

間取り変更無し

入り口は全て引き戸に変更段差を無しバリアフリー

便器、ユニットバス、洗面台の入れ替え、脱衣場スペースの収納は作り付け希望

 

 

そして最後に

 

ステキにしてください!

っとナカノさんにお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

08 September

どこまでリフォームする?

我が家は純日本家屋造り

家の中で一番日当たりの良い場所は 8帖二間の和室 ((^^ゞ

間取りはこんな感じ

#汚い手書きでm(__)m

 

昔は人寄せで使っていたらしい 二間ですが・・

今ではまったくと言うほど使うことはありません!

書院があったり 秋田杉の建具があったりと父の自慢の和室ですが

私的にはもったいない空間。

本当はここにキッチン リビングを持ってきたいと思いましたが

家が一棟建つぐらいのお金がかかるということで 断念!!!!

今回のリフォームは下記の部屋を行うこととなりました。

 

 

 

07 September

寒い家

岐阜の山間部にある我が家

夏は涼しくて良いのですが、12月から3月まではとても寒い!

朝の外気温は氷点下 -5 ~ -8

まっ、外気でこれは仕方ない 山間部だ!

 

でも、室内の温度 0℃ か 1℃

これはさすがにツライ。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

トイレにも行きたくないよ!

 

我が家は築22年 土壁寄屋根の純日本家屋

今どきの外断熱とか?気密とは縁遠い家です。

 

だからこの寒さを凌ぐ暖房費がものすごくかかるのです。

私と父は常に別々の部屋で過ごし 各部屋で暖房を使い、

朝、夜はキッチン・リビング + 寝室 を目一杯暖める。

となると・・光熱費もかかります。

 

家族3人の 冬の光熱費(12月~3月まで)

電気  平均 3万/月

灯油(ファンヒーター・ボイラー)平均 1.5万/月

 

もぉため息しかでません。(´ヘ`;)ハァ

 

これも、今回のリノベーションのきっかけの 1つ

 

冬あたたかい空間がほしい!!!

 

06 September

きっかけは白蟻検査、床下が水だらけ・・

昨年冬、なにげに受けた白蟻検査

築22年と言うこともあり そろそろ 白蟻駆除を受けるべきかな?っと床下を見ていただいたのがきっかけでした。

検査員さんが カメラで撮ってきた画像を見ると床下が水だらけ

洗面所下の水道管に小さな穴が空いて水漏れしてるとのこと。

 

 

原因は

私の地域では「山からの組み上げ水(井戸水と同じようなもの)」を利用しています

 

※地域に水道が通っていないわけではありません!

好んで湧き水を使っています。(^○^)

 

山水をホースで引きタンクに溜めて ポンプくみ上げ(下記画像)家の中で使う生活をしております。

 

水自体はあらゆる成分が安全基準内で

夏は冷たく、冬は温かい 山水は 水道代もかからずとても良いのですが

石灰分(炭酸カルシウム)が多く、水管内に非常に多くの析出カルシウムが付着するため

水道管はもちろん蛇口にも穴が空いたり、「ボイラー」が壊れます。

うちは新築時につけたボイラーが10年で壊れました。

 

 

今回の検査で 白蟻業者さんからは

水道管の修理と、床下に換気扇をつけること、白蟻駆除を勧められました。

費用は詳しく聞いておりませんが 床下換気扇を何台かつける費用だけで

20万以上だと言われたような気がします。

これに白蟻駆除工事を含むと結構な費用になると思います。

 

この時、ここまま山水を使い 床下換気を工事をするよりは

水道に切り替え、配管や水まわりを新しくしようと考えました。

 

今回リノベーションを考えるきっかけとなったのが、この出来事です。

04 September

アラフィフ主婦の決断!私らしい暮らしを求めて・・・

はじめまして、株式会社ケイエスケイのホームページ管理をしております ”あだ”と申します。

この度、築22年の自宅をリノベーションすることとなりブログを書くこととなりました。

日頃からインターネットフル活用の生活をしておりますが、正式にブログを書くのは始めてで、

ちょっと緊張もしておりますが、自分の経験を皆さんにお伝えできればと思っております。

 

では ちょっとだけ自己紹介

岐阜の最近朝ドラでちょっとだけ有名になった田舎に住む アラフィフ主婦

フリーランスでWEBの仕事をしております。

家族は 主人と父 愛犬(甲斐犬)

 

本ブログでは 築22年の自宅のキッチンリビングとバスルーム、トイレのリフォームの様子と

リノベーションに関する お役立ちネタや役に立たないトリビアを書いていこうと考えています。

ちゃんと読んで頂けるブログを続けられるから不安がいっぱいですが

がんばりますので、密かな応援を宜しくお願いします。(笑