岐阜市須賀 株式会社ケイエスケイ スカイホーム事業部は、
ちょっと『いい家』つくっています。

スタッフブログ

17 August

夏でも断熱性能は同じ?

最近、こんな内容を目にした。


『 本当にどこで建てても断熱性能は同じ? 』


そぅ!
その通りかもしれない!
断熱材の数字だけを取り上げたら・・・


断熱性能を確認できるのは一般的に冬。
どの会社でも冬になると
『 断熱性能が高い 』等と
セールストークをする。
当然、当社も同じ。。。
だが、断熱性能が高いとは
断熱材とゆう材料の比較を、その材料の
数値を机上で取り上げてのお話。


暖かいや涼しいを伝えるのであれば
合わせて気密を考えないと、本来の断熱材の
性能は発揮出来ない・・・
これが住み心地とゆうお話。


だが、逆に夏はどうだろう!


照り付ける太陽が建物の屋根や壁を温め
輻射熱によって室内の空気を温める。
そして室内の気温が上がる。
(車内が良い例かも知れない)
その時、エアコンを掛けると空気自体は
涼しくなるが、温められた壁体内の
グラスウール等の断熱材は焼け込み
熱くなった材料は下がりにくい現象となる。
だからパワーのあるエアコンで冷やす
必要がある。
だけど、壁体までは冷やしてくれない…


真夏に布団を外干ししたとき、フッカフカ
だか、熱くて寝られない事を想像して下さい、わざわざ熱い物を纏わないでしょう!
断熱材によっては家を布団で覆い被っている
様なイメージです。
だからエアコンは何時もフルパワーが必要
なのです。


それに対してボード状の断熱材は
焼け込みが無くて輻射熱を遮り
小さな力の冷房で済みます。


しかも断熱材が家中を完全な外張りで覆えば
もっと有効的に夏対策が可能。


エアコンのパワーも少なくて
まさに省エネと言えます。


日本の夏は亜熱帯化している!


これからは夏向きの家が必要であり
健康温度で無理なく暮らす事が大切です。


エアコンを効率よく使う為に
断熱材とゆう材料を上手に活用し
きちんと気密を取る事をお勧めします。


家族の健康を守る。
子育てしやすい住環境を整える。


その為に
この夏しか感じる事の出来ない
本物の住み心地をモデルハウスで
ご体感下さい。


おわり

 

更新カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

更新履歴