スタッフブログ

04 July

二重通気ってなに?

モデルハウス
『 暮らし・ひろがる家 』


完全外張り断熱と二重通気の家。
カネカソーラーサーキットのお家の
システムであり
日本とゆう四季がある国で
いつの季節でも快適に暮らせる
理想の住まいです。


さて
二重通気ってなんだろう?


通気層とは、断熱材の外側に外気が
通り抜けられるように設けた空間のことです。
ソーラーサーキットのお家は
基礎に設けたダンパーから床下に
外気を取り入れて、断熱材の内側を
空気が流れて小屋裏から排出される
システムと、前者を利用して
2重に空気を流す仕組みを
二重通気工法と言います。


下記の写真が床下のダンパーが開いて
空気が断熱材の内側に流れます。



(基礎ダンパーが閉まっている状)



( 基礎ダンパーが開いている状 )


例えば夏、
体に扇風機の風を当てると
涼しくなります。
それは、風のお陰で体温が
低くなるからです。


家の壁体内に気温のひくい空気を
入れる事によって
壁体内が冷やされて建物全体の温度も
2℃〜3℃程、室内気温が変わります。


二重通気工法って
そんな優れた工法なのです!


暑くなってきたこの季節
この様な家造りがある事を
知ってほしいと思っています!


詳しくは週末のイベントにお越し下さい
詳しくご説明させて頂きます。




おわり

 

更新カレンダー

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新更新

家づくりに関することなら、なんでもお気軽にご相談ください。資料のご請求・ご質問やモデルハウス見学もこちらよりどうぞ。

© KSK. All Rights Reserved


PageTop