スタッフブログ

18 November

今と昔の道具

昨日に続き
O様邸工事現場へ。




田口棟梁の仕事に密着!




天井を作る為
床からの高さを一定の寸法にする為の
作業をされていた。




レーザー墨出し器とゆう機械を使い
入り組んだ廊下の
高さを水平になる様
基準位置を記す。










O様邸の新築当時は
水盛り管とゆう水平を出す
水が入った道具で行われていた。




道具から機械へと
大工さんが使う機材も変わって行く。




ポケベルからスマホといった所か⁉︎




ただ、
時代の流れと共に道具は変わるが
基本的な大工とゆお仕事と
熟練された経験は
今もお客様の家造りには
不可欠なお仕事である。




我々は
住まいに携わる造り手として
古典から新作まで
幅広く様々な事案に向き合い
技と技術を使って
お客様の想いをカタチにするコト
お悩みを解決するコトを
お手伝いさせて頂きます。










おわり

家づくりに関することなら、なんでもお気軽にご相談ください。資料のご請求・ご質問やモデルハウス見学もこちらよりどうぞ。

© KSK. All Rights Reserved


PageTop