スタッフブログ

02 May

省エネ説明義務化から vol5

省エネルギー住宅を実現する為には
先日お伝えした、『断熱』・『気密』・
『日射遮蔽』が大切。


『断熱』
壁、床、屋根、窓などを通しての住宅の
内外の熱の移動を少なくすること。


冬の暖房時に室内温度は室外温度よりも高く
熱は室外に移動、夏の冷房時には室内温度は
室外よりも低くなる為、熱は室内に移動。
一年を通じて、この熱の移動を少なくする事
がエネルギーを効率よく使い、省エネの
住まいとなります。


『外断熱』
基礎から外壁、屋根の上までをボード状の断
熱材で覆い家全体を断熱することにこだわり
ます。ボード状の断熱材は乾燥や吸湿による
収縮もほとんどないため長期的な断熱性能や
気密性能だけでなく、押出法ポリスチレンフ
ォームの特徴である防湿性能を維持できるの
で、建物全体を覆うことにより室内だけでな
く、柱や梁、基礎コンクリートを厳しい気候
や風雨から保護する役割も果たします。冬に
おいては、室内と床下や壁内との温度差も小
さく、躯体劣化の原因となる結露を抑える効
果が期待できます。





『気密』
床や壁・天井裏に隙間が有ると、その隙間か
ら空気が出入りし、熱が室内外に移動!
この空気の移動による熱の移動を減らす為に
隙間を無くす事が気密です。


建築に関する法律や基準では確認は義務付け
られていませんが、私たちが造るソーラーサ
ーキットの家は気密性能の数値を全棟で確認
するルールを設けています。断熱性能と気密
性能がそろって高性能であることが、室内環
境や建物の耐久性には大切だからです。





木造住宅は長い年月をかけ気密性能が悪くな
るといわれます、原因として木材の乾燥収
縮、気密層の劣化、開口部(窓、戸、出入り
口など)の隙間などがあります。ソーラーサ
ーキットでは長期の気密性能を保持するため
の工夫として、木材を直接外気にふれさせな
い外断熱に加え、断熱材の気密相欠き構造と
気密テープの内蔵、気密工事方法のルール化
等を行い、気密性能を長く保持ができるため
の工夫を行っています。


『日射遮蔽』
夏場、室内の温度上昇の大きな要因が室外か
らの日射熱! その為、夏は日射を遮蔽し室
内の温度上昇を抑える事で、エアコンのエネ
ルギーを削減することにより、省エネ効果を
もたらします。


朝日や西日、日中の日射を防ぐ為に、軒を深
くしたり、西日を遮る事によって効果的に室
内環境を整える工夫。パッシブデザインを兼
ね備える工夫と新しい住まい方、私たちのモ
デルハウス『暮らし・ひろがる家』には、そ
んな工夫がたくさん有ります。





次回は
省エネで得する関係をお伝えします。




おわり。

 

更新カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最新更新

家づくりに関することなら、なんでもお気軽にご相談ください。資料のご請求・ご質問やモデルハウス見学もこちらよりどうぞ。

© KSK. All Rights Reserved


PageTop