地震対策

ケイエスケイでは木造住宅専用の優れた油圧式制震装置/制震ダンパーである「Jダンパー」のご提案をしております。

地震大国日本 住まいに対する地震の“備え”考えていますか?

地震大国日本では世界の約20%の地震が起こっているといわれています。 なぜ小さな面積の日本にこれだけの地震が集中しているかというと、日本列島の周りには4つのプレートが重なり合っており、海のプレートである太平洋プレートとフィリピン海プレートが、陸のプレートである北米プレートとユーラシアプレートの方へ1年間に数㎝づつ動いているからなのです。 地震を引き起こす原因はその他にも活断層や火山性のものもありますが、世界でこれだけプレートが密集しているエリアは日本くらいなのです。阪神・淡路大震災、東日本大震災 そして今回の熊本地震。 いつ来るか分かりませんが、地震が必ず襲ってきます。 だからこそ、地震に対しての正しい備え方を知る必要があります。

 

現在住宅建築のために施される地震対策は以下の3種類です。

揺れに耐える
耐震 強くする=固くする

揺れを吸収する
制振 強くする=粘りをもたせる

揺れを伝えない
免震 強くする=揺れを伝えない

   

耐力壁(筋かい等)で建物の固さ(剛性)を上げ、建物自体の強さで倒壊を防ぎます。しかし建物の強度が上がることで、地震エネルギーによる揺れがそのまま建物に伝わり、揺れを抑えることができません。

地震エネルギーを建物に取り込んでダンパーに吸収させ、地震エネルギーによる揺れを抑えることができます。建物のの損傷が軽減されるため繰り返し起こる地震に効果的です。

基礎と建物の間に積層ゴムなどの免震装置を設置し、基礎と建物を切り離すことで、地震エネルギーによる揺れを建物に伝わらないようにします。しかしコスト面に負担が生じます。

Jダンパーとは?

Jダンパーは地震のエネルギーを吸収する制震装置です。

ショックアブソーバーや高架橋・高層ビル用ダンパーと同様に外部から力が加えられるとそれに応じて伸縮する油圧式ダンパーの特性を利用した木造住宅専用制振装置です。 Jダンパーが、地震エネルギーをを吸収することで地震の揺れを軽減させることができ、建物倒壊の危機から大切な家と人を守ります。

高耐久の証明としての20年保証

Jダインパーは、これまでの油圧式ダンパーの弱点であったオイル漏れの危険性を、最大限に減らすために特殊シールを採用し、耐久性を飛躍的に高めることで長期間の保証を実現しております。

国内製造にこだわった製品精度

一度設置すると制振装置は見えなくなるため、初期不良がわかりません。その危険性を防ぐために部品の製造及び組立のすべてを日本国内で行うことで製品精度を上げ、さらに出荷前に抜取ではなく1本1本すべてを減衰力検査したうえで出荷しております。

Jダンパーに求められる3つの必要性

オイルダンパーの特性を活かした制振装置Jダンパーのメリット

揺れを約40%軽減

Jダンパーは地震エネルギーによる揺れを吸収することで、建物の揺れを約40%(最大68%)軽減させることができます。 建物倒壊等の危機が削減され、安全性を確保します。

高い減衰効果が持続

Jダンパーは地震エネルギーによる揺れを吸収するだけでなく、繰り返し起こる地震にも対応可能です。 何度でも揺れを吸収し、高い減衰効果が持続します。

あらゆる木造住宅に対応

Jダンパーは木造在来軸組工法や枠組壁工法(2×4工法)をはじめとした新築・リフォームのあらゆる木造住宅に取付可能です。

高い耐久性

Jダンパーは長期間何度でも地震エネルギーを吸収する必要があるため、経年劣化が極めて少なく低摩擦性を誇るハイグレードな特殊シールによりオイル室が密閉されることで、油圧式制震装置の中でも群を抜いた高い耐久性を保持します。

ローコスト

Jダンパーは軸組1壁面に1本設置で十分に効果が得られるため、建物全体での設置数が抑えられ、ローコストで高いコストパフォーマンスを誇ります。

高い信頼性

Jダンパーは精密加工技術で高い実績のジャパン・ミヤキが設計し、全てを日本国内で製造しています。 あらゆる産業界の各種摺動部品に採用されている特許"カシマコート処理"によるアルミ軽量化とその減衰力は、ショックアブソーバーの究極の進化形態です。 また、出荷する製品はひとつひとつ減衰力を検査し、No.管理しているためトレーサビリティも可能です。 さらに、新築建物には第三者機関による20年間の制震性能保証(要申請)を無償付加した制震装置であることも安心です。

メンテナンスフリー

Jダンパーは耐久性が高く、日本独特な四季による環境変化に対しても、設置後のメンテナンスが一切不要です。

公的機関にて試験済み

Jダンパーは公的機関:岐阜県立森林文化アカデミー 小原准教授ご指導のもと、動的試験が完了した安心製品です。

MOVIE 性能評価実験映像

ページトップへ