スタッフブログ

13 January

吹抜けと言う選択肢 Vol.6

吹抜けを作って良かったと思える事は
やはり開放感である。


天井が高い分、お部屋が小さくても
縦に抜ける開放感は部屋を大きく見せる
ポイント!


そして奥まで日差しを取り入れられる事。





家の器が良いから性能は十分だが
同じように大切なのは


『 窓 』


特に吹抜けの様な高い場所にある窓は
性能や使い方に注意する必要がある。


一般的なベアガラスの窓では無く
Low-Eガラス・アルゴガス入りや
トリプルガラス、場合によっては
二重窓など、吹抜けの窓は性能を上げて
コールドドラフトが起こらない様に
する事は大切。


吹抜けのある家は寒いと言われるが
断熱性能や暖房負荷等
設計時にきちんと考えると
寒さは解消されるだろう。


意匠設計と断熱性能
両方を兼ね備えて
より良い暮らしを
末永く実現して行きたいと
思うのである。




おわり。

 

更新カレンダー

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新更新

家づくりに関することなら、なんでもお気軽にご相談ください。資料のご請求・ご質問やモデルハウス見学もこちらよりどうぞ。

© KSK. All Rights Reserved

} else { /* カテゴリスラッグ「らいぶ スタッフブログ」以外の場合はsingle.phpで完結 */ }; ?>